Firebaseでチャットアプリを実装した話

株式会社あゆたの長尾です。

mBaaSの1つであるFirebaseを利用して、Androidアプリ内でチャット機能を実装しました。
mBaaSのサービス比較については、この記事が詳しいので参考にしてみて下さい。

実現させたかった機能としては、ログイン機能とチャット機能のみのシンプルなものです。

chat_sample デザインはこちらを参考にさせていただきました。

良さそうな感じで満足したのですが、作ってから気付いたことがあって、Firebaseの公式にサンプルとしてソースへのリンクが置いてあったのです...
https://www.firebase.com/docs/android/

私はやや苦労して1から実装してしまったのですが、サンプルを参考にしたりいじったりしてから実装を始めた方がもっと早くできていたなあと思ったので、今回は上記のサンプルを導入するまでを簡単にご紹介します。

  • https://www.firebase.com/login/から、Firebaseのアカウントを作成します
    • githubアカウントかGoogleアカウントでもサインアップが可能です
  • ダッシュボードが表示されるので、左の非活性領域に適当なアプリケーション名を入力しCREATE NEW APPでFirebase内のアプリを作成します dashboard app_name

  • 作成されたらManage Appで状態を確認できます。現在はnullとなっていますね。
    後で使用するのでURLをメモしておきます。 null

  • https://github.com/firebase/AndroidChatをAndroid Studioにチェックアウトします

  • チェックアウトしたプロジェクトの、com.firebase.androidchat.MainActivityのprivate static final String FIREBASE_URLの文字列部分をメモしたURLに書き換えます
  • アプリを実行します easy

サンプルが動きました。ダッシュボードの方にもAndroidでの投稿がきちんと反映されているかと思います。 easy_dashboard

簡単ですね… 何よりソースコードの量も少ないので、いろいろいじったりとっつきやすい内容になっています。

新しいサービスを利用する際は英語を面倒臭がらず、公式のドキュメントに一通り目を通すべきという学びが有りました…